FC2ブログ

第119話 ホームページ

第119話 ホームページ









Calliope:ついに完成しましたよ!ホームページ!

Swindle:おおお!



2002年11月25日。ついにHPが完成。

Swindle:妻のノート借りて入ってみるかな!

そこにはカリオペの血と汗と涙の結晶があった。


http://red.ribbon.to/~calliope/


今でも残骸が残っています。




スインはLV上げを再開していた。

明日のアップデートでLVキャップが60になるらしい!

49まで上がったスインだったが

さすがに焦り始めた。

猛烈な追い込みを開始してLVは50に!そして待っている難関

「限界突破クエスト」に挑戦することになった。



このクエストをクリアすれば、LVを最大55まで上げられるようになる。

「先駆者」からは少し遅れるが、そのくらいが丁度いいかもしれない。




クエスト内容
「古代魔法のパピルス」「エクソレイの粘菌」「ボムの炭」の三種類のアイテム。
これをル・ルデの庭・大公私邸前にいるマート(Maat) に渡す。




「エクソレイの粘菌」は運がいいことに、レベリングですでに入手していた。

「古代魔法のパピルス」を手に入れよう。

これはLich(エルディーム古墳)が落とす。


エルディーム古墳と言えば、内部には入ったことは無い。

入口付近で虎狩りでレベル上げをしていた場所だ。



暇そうにしていた師匠のIchiさんにお願いをして、お手伝いしてもらえることになった。




古墳内部は薄暗く、また複雑なスイッチで管理されている。
14_20180119174552536.png

敵もギリで勝てるレベルから、恐ろしいものまで多岐にわたる。



「古代魔法のパピルス」をドロップするのは、鎌持ちの骨。

しかしドロップ率は相当悪く、ノラシャウトで行くと、全員分手に入れるのは至難の業。


Ichiさんと二人でのパーティなら必要個数はたったの1個。



引きも良く、3戦目にてゲット!









theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第120話 Wulm登場と苦悩の始まり。

第120話 Wulm登場と苦悩の始まり。






Wulm:すみませーん!団員募集とかしてませんか~?



3個目の「限界突破アイテム」を入手すべく、準備している所に突然のTELL。


swindle:してますよ~




今までにないケース。

募集シャウトとかの最中ではなく、突然の飛び込み入団だ。


Wulm:よろしくおねがいしま~っす^^

とてものりが軽い彼の名はウルム。

関西人らしく、よく喋る。


彼は釣りが好きで、冒険よりもそっちに力を入れているらしい。

いままでカーシスにいなかったタイプだ。




1期メンバー
Pelsia:白魔道士
Swindle:ナイト
Calliope:黒魔道士
Yassu:吟遊詩人
Mikhail:戦士
Raull:白魔道士
Rit:黒魔道士

2期メンバー
Gixyak:シーフ
Uzu:モンク
Winzer:暗黒騎士
Yamasan:白魔道士
Qlair:白魔道士
Kushinadahime:戦士
Mamo:戦士
Juicies:シーフ
Wulm:暗黒騎士

カーシスはいつのまにか16人の大所帯になっていた。

そしてなんとなくだが、「派閥」らしきものも出来ていた。



1期メンバー2期メンバーがうまく馴染めない。

Rit氏は全くINしなくなったし、ミハイルのIN率も激減。

ラウル氏は孤独にレベリング、ヤスは我が道を行く。



2期目のメンバーも自由奔放だ。

ウズギクシャクの二人の話は別ゲーばかり。

ヤマサンクレアはいつもつるんでいて、ウインザーは一人レベリングの鬼。

マモは密かにLSを非難しているらしい。



かなりバラバラ。一体感は皆無だ。




実質この同盟を運営しているペルシアカリオペは悩んでいた。



・・・・スサさんはこれを危惧していたんだな。



とても言い出すことは出来なかった。









theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第121話 ボム 

第121話 ボム 






2002年12月

本来新人たちの面倒を見なくてはならない立場だが、

自分のことで精いっぱいだ。



さて、 「限界突破アイテム」の3個目、「ボムの炭」の入手だ。


これは今までの2個とは違い、格段に難易度が高い。

ガルレージュ要塞のボム族「Explosure」がドロップする。

「ボム」は皆が嫌がる敵。「自爆」という恐ろしい攻撃がある。

しかもPOPする場所が、「ガルレージュ要塞」門の奥だという。

あそこは・・・レベリングで行って、穴に落ちた冒険者の阿鼻叫喚が聞こえた場所だ。

15_2018011917455335c.png

入り口付近でコウモリカブトムシやってたのとはわけが違う。

奥に進み、魔坊門という仕掛けがある門のさらに奥だという。


これはLV50のソロではかなり無理がある。

っていうか、最低4人いないと門は開けられないらしい。

Ichiさんは・・・なぬ!もうLV60!!

ついこないだアップデートされたばっかりだというのに、すっげー!



・・・というわけでまたIchi様のお手伝いの元、こんどはカリオペペルシャも乗っかってきた。

4人で門を開閉しながら奥を目指す。

16_2018030212451291c.png


いたー!これコエー!!!!!

自爆しないように祈りながら、なんとか3人分の「ボムの灰」を手に入れた。


こうして、スイン・ペルシャ・カリオペの3人は限界突破に成功したのであった。












theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第122話 下準備

第122話 サポ割れ







さあここからLV55まで一気に行くか!・・・とその前に。


調理をやっておかなくてはならない。


今まで調理師としては恥ずかしいが、料理を競売で買っていた。

特に「ミスラ風山の幸串焼き」通称「山串」


0_201804022048335d3.png

STR+5 AGI+1 INT-1 攻+22%

とても優秀な前衛向けの食べ物だが、

今のスキルじゃ到底作れない。

推奨スキルは調理38で私はまだ10。

でもちゃんとしたレベリングに参加すると、前衛は皆これを食べている。

「買えません、持ってません」じゃみっともないよな。


あとは白魔道士をやるときにジュース(MPが徐々に回復)をがぶ飲みするためにも、

レベリングの前に調理をやろう!










theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第123話 ガチ調理

第123話 ガチ調理






まずはスキルあげのために蜂蜜作り。

集めておいた
17_20180302124513d32.png
これを4個使って

18_20180302124514541.png

調理スキル10→12






次は実用的な食べ物。羊肉を焼こう。

19_20180302124515c73.png

20_201803021245170f7.png

21_2018040221553331b.png
これで

完成品
22_2018040221553424b.png
STR+3 INT-1 攻+27%
調理スキル12→17



よしよし、貯めてあった材料がこんなにも役に立つ。
これは自分で食べよう。



次に
23_20180402215536439.png

56.png
これで

57.png

間接食材ってやつだ。あとでいっぱい使うだろう。
調理スキル17→19




もひとつ実用品

58.png
これを4個で

59.png
リフレシュ:1MP/3秒 2分15秒(計45MP回復)


こういうのをガブ飲みしながらレベリングをしている魔道士。
とても頼りになるし、憧れる。
そしてジュースは競売でも高く売れるんだな~

調理スキル19→20






theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第124話 セルビナで

第124話 セルビナで








せっかく作ったセルビナバター
57.png


これを使うために「じゃがバター」を作ろう。



普通に売ってる
1_20180402225327987.png


これを蒸かしてバターを乗せて
2_20180402225328683.png


うーん!おいしそ~!

HP+20 DEX-1 VIT+2

効果はイマイチだな。

でもこれでスキルを22まで持っていきたい。

しかしバターが切れた。

今バター作ってもスキルは上がらない。

おまけに炎のクリスタルは高いときてる。

これは「セルビナ」に買い出しにいくのがいいな。




一人チョコボに乗りセルビナに向かう。

途中の海岸。ボギーに追われてる冒険者。

チョコボを降り、救出に向かう。

ボギーを挑発して瞬殺。

さすがにLV50の敵ではない。

「ありがとうございます!」

スイン「いえいえどういたしまして」

うむ。快感だ。


ところでこの2名。リンクシェルをつけずに二人だけでここでレベリングとは珍しい。



スイン「どっかのチームに所属してないんですか?」

「まだそういうのわからなくて・・・」

スイン「うちのチーム入って見ます?」


いかん・・自然にナンパ癖がついている。

「どうしよう・・・」

冒険者二人は相談を始めた。



これ以上人数増やしていいものかどうか。


もし加入すると言うならば、きっちりがっちり「カーシス」のルールを理解承諾してもらってからにしよう。

「2人セットで良ければ入れて欲しいです」

スイン「ではうちのチームのルールを聞いてもらって」

スイン「依存が無ければ加入してください」

スインはルールを長々と読み上げた。


この二人はまだ初心者っぽい。ルールを理解できるだろうか。


「だいたいわかりました。よろしくお願いします」


2人の名前は「Arurun」「Miekuy」


我がチームにようやく女子が加入した。(Kushinadahime様は除く)



とてもおしゃべりな「Arurun」と、とても無口な「Miekuy」

対称的な二人だが、カーシスのチャットは華やかになった。








theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第125話 ひたすら調理

第125話 ひたすら調理








初めて女子が入った影響か、チャットがとても盛り上がっている。

こんな感じでメンバーにイジられてるうちは、自分の出番はない。



バターの買い出しが終わり、バスに戻ったスインは早速調理を再開する。

じゃがバターで無事にスキルが上がる。

スキル20→22

こういうあまり有効ではない食べ物は、

競売で売ってもあまり儲からない。

メンバーに配ってしまうのが喜ばれるので、みんなのポストに送りつける。







次は・・・素材が簡単な所で
21_2018040221553331b.png
56.png
20_201803021245170f7.png

これを氷のクリスタルで仕上げると・・・
10_2018040223124812a.png
STR+3 INT-1 攻+23%(上限30)

こいつをクチャクチャ噛みながら、強敵と戦っている戦士を想像できる。

まあ・・・貧乏冒険者の食事だけどね。

スキル22→24




そしてナイト用。つまり自分が使う用の貧乏食の作成。

1_20180402231156b2e.png

カニといっても高価なものではない。
散々レベリングで戦ってきてドロップしたものを貯めてきた。
まずそーなヤドカリみたいなカニだ。
2_20180402231157916.png
3_20180402231159df7.png
4_2018040223120049d.png


完成品
5_201804022312023e9.png
VIT+2 防+27%



これはナイトでレベリングする時は最低限必要。
いっぱい作りたいけど、スキル上限が27なのでほどほどに。

スキル24→26





更に前衛用の食事

6_20180402231215029.png
ちょっと臭いお肉

7_20180402231216ea0.png
8_201804022312181cd.png


仕上がりが
9_20180402231219f90.png
STR+4 INT-2 攻撃+25%

干し肉よりはマシか。











theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第126話 fisherman

第126話 fisherman







魔道士ガブ飲み用ジュースの作成
1_2018040320433295b.png
これを2個と水のクリスタルで

2_20180403204334461.png
リフレシュ;1MP/3秒 4分(計80MP回復)

イイネ!!

ジュース作りは実用的だし減価安いし最高だ。

スキル28→30





ところでレシピを見てると、調理ギルドで「釣り餌」が目立ってきた。

更に魚を使う料理も多い。

32に上げるために、マスの塩焼きを作る。競売で「ヒカリマス」見る・・・・高い!


これは・・・ボチボチ釣りもやらんとならんよな。


料理人たる者、魚くらい自分で釣ってこないでどうする!



冒険をしない冒険者。







競売で一番安い
11_2018040320454844e.png


それと釣り餌の
12_20180403204549b65.png
これはNPCから大量に購入。





街の中でのんびり釣りの開始。

なっかなか釣れない・・・・ イラつく!

全然向いてない!!!




それでもなんとか
13_20180403204551784.png
14_201804032045523c5.png
この辺を釣りまくる

釣りスキル1→11

すぐに調理
15_20180403204554580.png
防御+30%(上限25)

16_20180403204754f29.png
DEX+1 MND-1 飛攻+14%


スキルも上がらないし、うん。両方とも売れないねこりゃ。

しかもフナはクエストで大量に使うみたいだから、キープが正解だった。









theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第127話 ちびたん登場

第127話 ちびたん登場









たまには戦わないと、なんのゲームだかわからなくなる。

せっかく作った「ゆでがに」だ。自分で使おう。




メインジョブのナイトでのレベリングに参加。

今LVキャップは60

スインのLVは50で、次の限界突破クエストはLV55

55まで一気に上げてしまいたい。




相変わらず狩場は「ガルレージュ要塞」「クロウラーの巣」カブトムシ


しかしこの区間のレベリングは、PT誘われ運がとてもよかった。

というより、速攻上げたかったから、リーダーになって誘いまくってたのもある。


2週間かからずスインのレベルは55に到達。


疲れた・・・いったんここで「釣り」と「料理」に戻ろう。








2002/12/19の一大事。


ジュノ関税が導入された。


今まで大混雑だったジュノの競売の前から人が消え、

3国に分散されるか?と思いきや、近辺でのバザーが主流になってきた。


スインも作った料理を売るのに苦労していた。


(うーん・・・今は商品を作る時ではないのかなあ)


とりあえず一旦製造はストップ。




そんな矢先、チームに新たなメンバーがやってきた。

「Chibiayane」通称&自称「ちびたん」


あっという間にチームで会話の主導権を握るテクニックの持ち主。

顔文字をフルに使いこなす女子。

でも、よくよく聞いたら年上女子だったのに驚きだ。













theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第128話 デジョン合成

第128話 デジョン合成









2003年に突入した。



正月はしっかりFF休止して家族サービス。

復帰後の1月8日。

不吉な話が聞こえてきた。





「デジョン合成」という裏技があり、何人かが「アカウント停止」されたらしい。



「デジョン」というのは黒魔道士がLV17で覚える移動魔法。



1. デジョン等エリア移動魔法詠唱
2. エリア移動する前に合成開始
3. スキルアップするorしない*3
4. デジョン等エリア移動魔法発動
5. クリスタルのみ消えて材料が残る


こういう不具合を利用して、スキルをあげまくっていた人たちが対象。



このときのスクウェアの違反者に対する対応は「アカウント停止一日とスキル巻き戻し」であった




幸い「カーシス」にはやっていた人はいないようだった。










theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

03 | 2020/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

あしゅ:スイン

Author:あしゅ:スイン
オンラインゲーム履歴(ブラウザ含む)
2002 FF11開始
2004 FF11引退
2004 童話王国開始
2005 童話王国引退
2005 サミー777タウン開始
2006 FF11復帰 
2007 サカつくオンライン開始
2008 サカつくオンライン引退
2009 サミー777タウン引退
2009 サカつくオンライン2開始
2009 FF11引退
2009 サンシャイン牧場開始
2010 サカつくオンライン2引退
2010 ブラウザ三国志開始
2010 FF14開始
2010 ブラウザ三国志引退
2010 FF14引退
2011 サミー777タウン復帰
2011 サンシャイン牧場引退
2012 ブラウザ三国志復帰
2012 サミー777タウン引退
2012 ドラクエX開始
2013 ドラクエX引退
2014 サミー777タウン復帰
2018 ブラウザ三国志引退
2019 サミー777タウン引退

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
たまには遊びにおいで~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR