FC2ブログ

第167話 引退後の生活

第167話 引退後の生活










2003年末





スインの胸にはぽっかり穴が開いていた。

毎日必ずつけたPS2の電源を押していない。



LSクリプスの行く末が気になる。



リーダーカリオペはしっかりやっているだろうか。

カリオペにすべてを背負わせ、自分は消える。

考えてみれば、本当に無責任な終わりかただ。






(これでよかったんだ)





そう自分に言い聞かせ、リアルの日々を過ごす。


懸命に働き、家族と幸せに暮らす。


一週間。二週間と過ぎていくごとに、ヴァナを忘れていく。

一ヶ月。二ヶ月がたつと、完全にヴァナは無くなった。












仕事に没頭したことで生活に余裕が出たスインは、

はじめてのPCを購入。




ふと目にしたのが「ハンゲーム」というポータルサイト。

無料で遊べるゲームがいっぱいだ!





スインは暫くここで遊びまくることに決めたのであった。

麻雀・トランプ・パチンコ・パチスロ・競馬・オセロ







物足りない。




今までFFという巨大コンテンツで、色々な人と絡んできた。

しかしハンゲームの遊びは所詮オフライン。

オンラインの部分はあっても、とても浅い。







無料MMOがスタート!その名も「童話王国」
ただいまオープンβ募集中!

(MMOか・・・どうしようかなぁ)





FFの傷は癒えた。

いままでの経験を発揮する時か?






βテスターだけでもやってみるかな






theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第168話 童話王国

第168話 童話王国








2004年



軽い感覚、お手軽な気持ちで

さっそく「童話王国」を始めてみた。




グラフィックしょぼ!!


これが第一印象。


無題


グラフィックをFFと比べるのはさすがに酷だが、

PCゲームなんだからもう少し頑張れよ・・・って感じ。


しかし多数のアカウントでウィンドウモードでプレイできるし、

作業放置ができるのがいい!


早速チームに所属。

そこで獲た仲間たちはMMO初心者ばかり。


まあ無料ゲームだし当たり前だ。

「棚華」「華夜」「八光」「曖香」

FF11で得た経験をもとに、MMOの基本を教え込む。

とても素直に吸収する連中だ。


そこでFF11の話をすると、皆食いつく。

やはり課金があるのがハードルになっているが、

すごく興味があるみたいだ。




とくに愛知在住の若い女の子「華夜」は、

さっそくFF11を始めるべく準備を開始したらしい。


俺は元いた「Unicorn」サーバーを教え、

現役プレーヤーの旧友「Winzer」氏に「華夜」の面倒を見てもらえるようにメールを送った。











theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第169話 サミー777タウン

第169話 サミー777タウン










2005年



ツマラン!



童話王国つまらんよ!


どうしてもFF11と比べてしまう。




明らかにFFと違うのは、ドラマがない!

戦闘はつまらないし、高LVのLVアップまでの獲得経験値が異常!

クエストはショボいしアップデートは半年に一回とか。





2005年末。フツーに引退。なんの未練もなければ涙も出ない。

ダラダラと1年半もやってしまった。






せっかくの高スペックPCだし、これを生かせるのは・・・





サミーの777タウンがサービス開始!

これだろこれ!

無題




趣味のスロがPCで出来るなんていいよな。

しかも最高設定を20時間放置とか・・・!




とりあえずインストールして開始。

うむ。やはり俺にピッタリだ。





しかしオンラインだが、他人との絡みが薄いのも事実。

チームに加入して「薄いチャット」でコミュニケーションは出来るが、

一緒に冒険したりという感動的なものは一切ない。






でもこれはこれでいいんだ。とりあえず継続は確定だ。






theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第170話 うっかり復帰

第170話 うっかり復帰










月日は流れ2006年6月




777タウンは順調に勲章を増やしている。

でも放置時間が20時間と長いので、ほぼPCの前には居ない。

高性能PCを生かしたゲームを再検索。






FFキャラ復帰キャンペーン!
3ヶ月以上立って削除されたキャラや
自分で削除したキャラの復帰キャンペーン開催中です。





え・・・と・・・これどうなんだろ

俺のキャラは3年前に消したが、復帰できちゃったりするのかなぁ

た・・試してみたりするかな(汗)





いやいや、だめだ!

FFはもうやらないって決めたじゃないか。





でもな・・・童話王国から引っ張った華夜ちゃんとか元気でやってるのかな。

「Winzer」さんに任せたけどちゃんと導いてあげてくれたかな。


あの当時の人たちが現役でやっている可能性は低い。

誰も俺の事を知らないなら復帰してもいいんじゃね?







葛藤数日









復帰手続き完了







ぬおーーーー!!!

スインだ!おれだー!!!

3年ぶりに対面した金髪ヒューム。かつての思い出がよみがえる。

2006年6月20日。さっそく課金してヴァナに降り立った。

この音楽!このグラフィック!やっぱりこれだー!!!

PC版のグラフィックはすげええええええ!







スインとFF11の「第2幕」が始まった。



しかし冷静になったスインはいくつかの異変に気がつく。







theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第171話 3年ぶりのヴァナディール

第171話 3年ぶりのヴァナディール










2006年6月




まず。LSのリンクパールが壊れている。

無理もない。3年の月日だ。

今頃みんなはどこで何をしているのだろう。

まだ現役で頑張っている人はいるのであろうか。






次の異変。街が外国人に支配されてる!


英語でのシャウトが飛び交っている。

そうか。俺のいない間に「欧州」「北米」で発売されてたんだな。

それにしても外人はよく叫ぶな。

文化の違いだろうが、違和感がすごかった。






そして最大のサプライズ!


所持金が80万?白いナイトAFも全部揃っている!

売ったはずの数々の装備さらに・・家宝「ドラグヴァンディル」まで!




ギルも家宝もミハイルに預けたはずだ。

送り返した?いやそれじゃ捨てたAFや売った装備があるのが説明つかない。

きっと復帰キャンペーンの不具合だ。直前に巻き戻されてるんだな。

こんな好都合はない。スインは素直に喜んだ。





さて・・アイツはいるかな?

PCのスペックが足りないがどうしてもやりたいと。

とても苦労してFFにたどり着いた「華夜」ちゃん。

今でもメールの交換を度々あった。

そして、「Kayaharu」の名でFFにどっぷりはまっているということも聞いた。












theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第172話 Kayaharu

第172話 Kayaharu









2006年6月





サーチをかける。見つけた!「Kayaharu」


早速慣れない操作でテルを入れる。

Swindle:|^・ω・)/

Kayaharu:うおーーーー!!!!スインっさん!

Swindle:復帰キャンペーンつーのやってて来ちゃったw

Kayaharu:それず~と前からやってたよ^^

Swindle:なに!!教えてくれよ!!そしたらもっと前に来たのに!


早速カヤはスインの目の前に現れる。

彼女はすでに赤魔道士LV75になっている。


Swindle:どっかつれてってよ

Kayaharu:いいよ

Swindle:あ~でもいいや。しばらくあっちこっちを懐かしみながら走るから

Kayaharu:愛人なんでお供しますw




ジュノを出てソロムグ→メリファト→タロンギ→ブブリム→マウラ→セルビナ→コンシュタット→グスタベルグ

そして我が故郷バストゥークまで。懐かしみながら駆け抜ける。


こんなかったるい旅に付き合ってくれるカヤ

そしてバストゥークでお別れ。本当にありがとう。

カヤに今は使っていないパールを貰い、二人だけのLS

しばらくはこれで活動。心強い。















theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第173話 あれもこれも

第173話 あれもこれも







2006年6月




あくる日もスインはあっちこっちを走った。

ただやみくもに走り懐かしむ。

バリスタ・リンバス・デュミナス・プロマシア・アトルガン
ENM・ガリスン・トリガー・アサルト・ビジージ・メリポ

すっかり浦島太郎状態。知らない言葉が多すぎる。



釣りもしたい!鉱石も掘りたい!合成もやりたい!

素材も狩りたい!新エリアなんか興味ない!



Kayaharu:ん?LV60じゃ新エリア行かないとLV上げできんよ?

Swindle:そ・・そうなのか



しかし3年のブランクで戦術等は大きく変わっているだろう。

いきなりLV上げは厳しいな。

まあ、そのうち行くことになるだろうが、今はいいや。



Winzer:まさか・・・スイさん?

Swindle:おおおお!


突然のTELLなので驚いた。

カヤをお任せしたので、彼が現役なのは知っていた。

しかし俺が復帰したのは驚いたみたいだ。




Swindle:ほかに現役の人っているの?

Winzer:ラウルさんがまだやってるかな?最近見ないけど。



サーチ・・・・おるやん!!



早速TELLをしてみると、やっぱり驚かれた。

確かに彼もほぼ引退状態で、下手すると月一くらいのINらしい。


やはり3年の歳月は長すぎた。








theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第174話 アトルガンの秘宝

第174話 アトルガンの秘宝









2006年6月



Kayaharu:スインさん。とりあえず今は何をやるにも新エリア解放が先だよ!


のんびりと懐かしみたい俺は、あまり乗り気ではなかったが、

レベリング=新エリアという構図ならば、解放しないとなにも始まらないな。


Swindle:LV60でも出来る?

Kayaharu:楽勝です。




クエスト/ジュノ
アトルガン皇国へ(The Road to Aht Urhgan)

マウラに入港している
「兵員輸送船」に乗りたければ
天晶堂が提示する品物を持ってくること。

コンプリートするための条件として提示される「下級」「中級」「上級」「ギル」の4つの選択肢(詳しくは後述)の中から
好きなものを1つ選び、その条件で要求されるアイテムもしくはギルを依頼者へ渡す。
アイテムは事前に準備しておくのも良い。

下級(推奨Lv:Lv18~)
以下の6種すべて
ガガンボの腹虫、陸ガニのふんどし、呪われたサレコウベ、野兎の尻尾、ダルメルの唾液、血染めの衣


おお!このアイテムは!!

サポートジョブ習得クエストのアイテムじゃないか!

これは楽だし懐かしい。これにしよう!


小一時間でサクッとアイテムが集まり、クエストクリア。

さっそく新エリア「アトルガン白門」に渡航する。


げげ!!人だらけ!!!





そうか。今までは首都ジュノが利便性の上でも皆さんのホームポイントだったが、

新コンテンツと新エリアでこっちに移動したんだな。



*その利便性から、高レベルのプレイヤーの大多数が拠点としたため、2006年4月の実装直後より、システムから度々退去指示が出る程に多数の冒険者が集う街であった。当時のアトルガン白門は非常に処理が重いエリアであり、なかなか扉が開かなかったり、街を歩いているはずの他のPCが止まって見えることは日常茶飯事となっていた。
土曜・日曜日のピーク時にはエリアの人数が500人以上になる事も珍しくなく、モグハウスに入ってもなかなかモーグリが出て来なかったり、モグ金庫や装備変更画面でアイテムがなかなか表示されなかったりする現象も発生していた。
また宅配や、ポストチェックでも「通信層が混んでいるようです…」も出てしまうなど混雑による影響は大きかった。
FF11用語辞典より







theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第175話 旦那?彼氏?

第175話 旦那?彼氏?








2006年6月






Kayaharu:実はウチ旦那がおるのよ。

Swindle:ほう・・・・え!!?

Kayaharu:リアルじゃないよ。ヴァナにね!




ふーむ。これはあれか「ヴァナ婚」ってやつか。

運営が推奨してるのか知らんけど、システム的にも認められてる結婚。


顔も見たことがない者同士での結婚・・・戦国時代の政略結婚じゃあるまいし、意味不明だ。

まあでも、2件ほどだが、過去にもそういうのを見た気がする。

カッコいいんだよね、FFのキャラって。





Swindle:リアルであったことあるの?

Kayaharu:あるよ

Swindle:それで関係続いてるなら本物だな

Kayaharu:紹介していい?

Swindle:ぜひぜひ



リアルで会ってるのに幻滅せずに関係が続いているならば、本物の可能性大だ。

それならばFFの結婚も頷けるし、独身同士ならばリアル結婚とかもあるかも。



その晩、カヤの旦那を紹介してもらった。

話した感じでは好青年だ。



Kayaharu:この先、傭兵にならんといかんよ。

Swindle:ほうほう。それもミッションかなんか?

Kayaharu:そう。それでウチの旦那に手伝ってもらおうと思って。

Swindle:助かりますw



カヤと二人のリンクパールに旦那が参加。これで3人になった。












theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

第176話 山猫二等傭兵

第176話 山猫二等傭兵







2006年6月




スインが引退してから復帰するまでの間に、3本の追加ディスクが発売された。

ジラートの幻影 (2003年4月17日発売)
プロマシアの呪縛 (2004年9月16日発売)
アトルガンの秘宝 (2006年4月20日発売)

それぞれに濃厚な長編ミッションが用意されている。

このうち「ジラートの幻影」は引退前だが、ミッションはほぼ手つかずで終わった。

本来ならば発売順にミッションを遊びたい所だが、この最新作の「アトルガンの秘宝」のミッションだけは、

先にやっておくといいことがいっぱいあるらしい。





・・・というわけで





ミッション/アトルガン
不滅の防人(Immortal Sentries)

監視哨にいる不滅隊隊士へ
ナジャから預かった「差し入れ」を
届ければ、傭兵契約について
考えてくれるらしい。


5か所ある「監視哨」のどこか一か所に「差し入れ」を届けるミッション。

道中の敵がLV75でも絡まれるということで、カヤの旦那の先導の元、走ることになった。



正直隠れながらの行軍は、昔散々やってた。

ナイト/白魔道士でインビジ&スニークも完璧。

一度も絡まれることなく成功。

こうして「山猫二等傭兵」としてデビューすることになった。











theme : FINALFANTASY XI
genre : オンラインゲーム

06 | 2020/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あしゅ:スイン

Author:あしゅ:スイン
オンラインゲーム履歴(ブラウザ含む)
2002 FF11開始
2004 FF11引退
2004 童話王国開始
2005 童話王国引退
2005 サミー777タウン開始
2006 FF11復帰 
2007 サカつくオンライン開始
2008 サカつくオンライン引退
2009 サミー777タウン引退
2009 サカつくオンライン2開始
2009 FF11引退
2009 サンシャイン牧場開始
2010 サカつくオンライン2引退
2010 ブラウザ三国志開始
2010 FF14開始
2010 ブラウザ三国志引退
2010 FF14引退
2011 サミー777タウン復帰
2011 サンシャイン牧場引退
2012 ブラウザ三国志復帰
2012 サミー777タウン引退
2012 ドラクエX開始
2013 ドラクエX引退
2014 サミー777タウン復帰
2018 ブラウザ三国志引退
2019 サミー777タウン引退

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
たまには遊びにおいで~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR